プライバシーポリシー リンクについて 著作権について
Last update.> Oct. 18th, 2005.
 情報教育レポート
 
生田茂教授
専修大学経営学部
竹村憲郎 教授
 

一般入試に選択科目として
「情報」導入を決断した情報教育重視の伝統

行政編
専修大学経営学部
所在地/東京都千代田区神田神保町3丁目8番地
交 通/東西線、新宿線、半蔵門線九段下から徒歩3分
設 立/1962年

URL/http://www.senshu-u.ac.jp//


教科「情報」を履修した高校生が2006年春の大学入試を受ける。
それを受け「情報」を入試科目に導入する動きが広がりつつある。

専修大学経営学部では、来年度の一般前期入学試験の選択科目として「情報」を導入することをいち早く決定した。

専修大学には経済学部、法学部、経営学部、商学部、文学部、ネットワーク情報学部があるが、このうち来年度入試から「情報」を入試科目に加えるのは経営学部。
A方式およびB方式の選択科目に「情報」を加えた。

つまり日本史や世界史と並んで「情報」が選択できるようになったのである。

専修大以外でも、東京農工大、千歳科学技術大、東京情報大、愛知教育大、北海道情報大が来年度入試科目として「情報」の試験を行う予定だ。

しかし、いずれも理系学部・課程であり、文系学部での実施は、現時点では同大学だけである。

その点においても、同大学の試みは今後の「情報」試験のあり方を左右する重要な試金石になることは間違いないだろう。

同大学の情報入試検討委員会委員長・竹村憲郎教授に話を聞いた。
 
 ※本ページに掲載してある文章は実際の文章の一部です。続きを読みたい方、全文を読みたい方は編集部までお申し込みください。  

TOPへ戻る