LINEを活用した広報・学生管理

LINEを活用した広報業務をお手伝いします

LINEアカウントを開設はしたけれど運用がうまくいかない。とお悩みのクライアント様に、高校生へ効率の良いアプローチ方法をご提案いたします。オープンキャンパス等のイベントに関連した、申し込み窓口の設置〜告知配信〜申込管理〜事後のアンケート配信など、定員管理・情報発信・情報収拾を一連の流れでスムーズに行えるようお手伝いいたします。

チャットボットの機能を活かした自動応答で、高校生からの問い合わせに対応することも可能です。コンテンツの閲覧履歴等を利用したセグメント配信も可能なため、月々の配信数削減にも役立ちます。

anybot for college

LINE上で展開するアプリケーションツール
「anybot for college」

anybot for college は、業務効率化を実現する以下の機能を備えています。

  • イベントの予約申込管理

    定員を設定した予約申込に対応できます。イベント当日、QRコードによるチェックイン処理も可能です。

  • ユーザー情報を元にしたセグメント配信

    学年や性別、志望学科など取得した情報を元に自由にセグメントを作成することができます。 ユーザの希望する情報を希望するユーザにのみ配信することは、ブロック率軽減にも繋がります。

  • 自動応答で効率の良い情報発信を

    学部・学科・コースの情報や入試に関する情報など、anybot内に学校情報を格納しておけば、ホームページに代わる学校案内として展開できます。よくある質問をFAQなどにまとめ、問い合わせの軽減に繋げましょう。

在学生対象の連絡ツールとしても活用可能

学生管理のためのLINE活用についても、お任せください。メールによる学内のお知らせを閲覧しない学生に対し、LINEのプッシュ通知が効果的です。用途に応じたセグメントを作成し、ユーザ管理・メッセージ配信を効率よく行うことができます。

anybot for college

詳細情報はこちら

ページの
トップへ